大学院 教育学研究科 教育学専攻大学院 教育学研究科 教育学専攻

高度な専門知識と研究理論に裏付けられた課題解決力で、現場のリーダーとして活躍できる専門職業人を養成します

この人に学ぶ

大学院教育学研究科は、社会人の入学?履修が可能となるよう、夜間開講や長期履修制度を設けています。現在も、教育?保育?福祉にとどまらず、健康、医療やスポーツと多様な分野で専門職業人として活躍されている方々が、勤務と学問を両立させながら研鑽されています。また修了された後も、本研究科を拠点に研究?実践を継続させ、活躍の幅を広げられています。特に大学院研究科では、自らの専門領域を基本に周辺領域との知の融合から、各現場での課題解決を意識した学びを得られるよう、知識と実践の両面から学べるカリキュラムを整えています。ぜひ、ご自身のキャリアアップの機会としてご検討ください。

大学院教育学研究科科長安部 惠子教授

安部 惠子 教授

取得できる学位?資格

  • ?学位:修士(教育学)
  • ?免許:小学校教諭専修免許状※
    幼稚園教諭専修免許状※
  • ※いずれもそれぞれの1種免許状について所有資格を満たした うえで、大学院において単位を修得

カリキュラム

大学院教育学研究科のカリキュラム

進学予定者の声

本学の先生方がそばにいたから、進学準備が心強かった。

小学校教員をめざすにあたり、教師としての専門性を高めるために志望しました。自分なりの準備として資格取得に挑戦しつつも、たいへん役に立ったのは本学の先生方による手厚いサポート。明確な研究テーマや、教育者としてのビジョンを持つ重要性を教わりました。現在行っている語彙指導に関する研究をさらに深め、卒業後はその成果をもって、小学校教育の現場で活躍したいです。

高井 篤志さん

大阪成蹊大学 教育学部 4年生

写真

在学院生の声

少人数ならではの主体的で深い学びから教育の理論を理解。

小学校の校長として働く中、道徳を中心に感覚的な教育は行ってきたのですが、もっと理論的な方法も身につけられるように本大学院へ。少人数で対話しながら探求できるので深い学びにつながり、楽しさを感じることで主体的になれることも新たな発見でした。「その先の学び」に興味関心や意欲があれば、ここではどこまでも人間力を高められます。現職で実践してきた強みと、研究を深めて学んだ強みを融合させ、次世代の教員養成に力を尽くしたいと思います。

鎌田 賢二さん

京都教育大学 教育学部 卒業
京都市立 修学院小学校 校長

写真

仕事で模索していた課題を解決したくて大学院に進学しました。

仕事の中で青少年への運動指導やコンディショニング指導を行う際に感じていた課題解決のため本大学院に進学。少人数で専門的な知識を深く学びながら、院生同士で意見を交わす講義は、新たな気づきも多く、収穫の多い時間です。講義は隔週で2コマ続けて行われるなど、研究と仕事が両立しやすい環境なので、社会人でも安心して挑戦できます。今後の健康教育指導はもとより、最終的には研究者として科学的根拠をもとに女子スポーツ選手の支援を行いたいと思っております。

春名 ひかるさん

びわこ成蹊スポーツ大学 スポーツ学部 卒業
医療法人貴島会 ダイナミックスポーツ 医学研究所 トレーナー

写真

正しい情報の収集と科学的根拠に基づく指導を改めて学んでいます。

教員の仕事の中で、新たな情報や正しい情報を収集する必要性と科学的根拠に基づいた指導の必要性を感じました。また、スポーツ生理学や健康科学についても継続して研究したく、本大学院に入学。大学時代の恩師のもとで、安心して専門的な知識を学んでいます。院生同士の交流では自分にない考え方に触れることで、新しい気づきがたくさんあるのも貴重です。研究と仕事の両立で自分自身を高めながら、教員の人材育成に携わっていくのが目標です。

徳島 実友香さん

大阪成蹊大学 教育学部 卒業
大阪市立 弘済小学校 教諭

写真

大学院教育学研究科の紹介